なぜ猫はそんなに長い間眠っているのか

なぜ猫はそんなに長い間眠っているのか


猫を飼い始めた方は、猫がずっと眠っているので、驚かれた方もいるかと思います。子猫の場合、1日長い時で20時間程度。大人の猫で、1日に12~14時間程度。人間の2倍ぐらいは、眠っているのです。では、なぜ猫はそんなに長い間眠っているのか。今回は、猫が良く眠る理由について、解説していきたいと思います。


猫は、元々野生の動物で、獲物を自分の手で捕獲して、生活をしていました。今では獲物を自分で見つけなくても、人間が餌を与えてくれるので、猫にとっては幸せでたまらないのでしょう。


しかし、猫はほとんど1日中眠り、夜中になると動き出します。これは、野生の本能で、昼間は獲物を狩るための体力を温存するために、ひたすら睡眠を取るのです。そして、夜になり、獲物が眠りに付く頃になると、猫は動き始めます。昼間、活発に動いている獲物を狙うより、夜眠っている獲物を狙う方が簡単に狩りが出来る事は、容易に想像する事が出来るはずです。

今では、狩りなどを行う必要はありませんので、昼間平然と起きている猫もいますが、やはり多くの猫が昼間はのんびり日の当たる所で眠っています。それが、かわいい所でもあるんですけど。

猫は犬と違い、順応性があまり高くなく、野生の本能のまま生きています。そこを無理矢理人間本意の飼い方をしてしまうと、猫はどんどんストレスが溜まってしまいます。かわいい子には旅をさせろと言いますが、猫の場合も同じです。

また、眠っている猫はかわいくてちょっかいを出したくなりますが、やりすぎるとストレスを与えてしまうかも。あまり手出しをせずに、遠くから見守っているのが一番なのかもしれませんね。

[PR]
by gigijay | 2017-01-23 10:30 | ブランド靴 | Comments(0)